青色図書館

2004年1月から2008年8月まで、 青の好きな私が綴った日々のあれこれと写真たち

2004年05月

とうとうベトナム開始

我が静岡圏でも、とうとう「水どう」の終わりが近づいてきた。
今週からLAST-RUN、ベトナムの旅が始まった。
DVDでもう見てるにもかかわらずおかしい。
DVDでもう見てるから「あれ、なんかここ足りない」なんて思う。

毎週ビデオ撮るのが習慣になってるので、なんだか寂しくなりそうだ。。

Asianな雰囲気

295694b0.JPG
今日は地元の隠れた名店へ。私はまったく知らなかったお店。
民族テイストの雑貨や洋服、アクセが並ぶ店内。奥では食事も頂ける。
ストールなどを購入して上機嫌になる。

ここで流れているサウンドがとても心地よく、お店に置いてあるCDかと思って尋ねたら、ネットでしか販売していないCDとのこと。
快くグループ名とタイトルを教えてくれたお姉さん、ついでにアドレスまで教えてくれた。
早速本日注文、かなり癒しの音色、様々な民族楽器の音色を試聴出来ました。

音符風の楽団~Wind Travelin' Band http://www.sound-ware.com/shop/u-kazegaku.html

まつり風景2~練りと行列

f84c5f6c.JPG

御殿屋台のルートや順番はあらかじめ細かく決められているようです。
かなりの町が自分の町内から屋台を引いてくるため、街中はもちろん通行禁止、代わりに屋台の渋滞が。

屋台と練りはまた別物で、屋台が子供たちのお囃子でゆったりした感じと対照的に、練り部隊は町の旗持ち、喇叭に続いて「やいしょ」の掛け声で練り歩きます。
どうも大所帯の町は、屋台の引き回しと練りは別に行動しているみたいでした。
これが不思議なんだけど、どっかにやっぱり祭魂が息づいてるみたいで、観客として来てても、この喇叭と掛け声が聞こえると飛び込みたくなっちゃう。。
ここに住まう人はみんなそうなのかもしれません・・・

私の住まいは中心部から離れている上、新興住宅地なため、屋台も何もナシ。
そんな人は、他の町内から参加させてもらうんです。

まつり風景~屋台色々

65918eb8.JPG

慌しく連休も駆け去って行きました。
お休み中の携帯写真、やっと整理。地元のまつり風景を。

町ごとに違うデザインの御殿屋台。それぞれの彫りも見事です。
ただ見てるだけでも小1時間は過ごせます。

5月の手作り

5566e488.JPG
5月のお飾り品、兜を作りました。
ひなの時と同じ先生のお宅、和遊庵にて楽しくおしゃべりしながら。
とは言っても、みんな手仕事に入るともくもくとなってしまうんですが。

今回は周りを縫うのにミシン君が登場。
「ミシン!?高校生の時からこっち、触ってもいない・・・!」
びくびくしながら縫いましたよ。最近のミシンはとてもシンプルで使いやすくてすてきですね☆(>_<)

今月のMyPROFILEさんのTOPも兜ですねv
written by...
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ