6e9040b9.jpg


あっというまに満開・・・時の流れについてけてない私・・・
今日はもう、しっとり雨が降り出してしまいました。
おそらく、昨日土曜が花見ベストだったのでしょう。
忙しさにピリオドを打つ日を決めるか、体力を付けるか。
ただ今桜と共に岐路に立たされつつある毎日です。

今日、ふと思ったんですけど。
桜って、なぜこんなに心を打つのか!と考えつつ車を走らせていましたが。
「あ!!」
と、気づきました。
あの黒く茶色く、しっとり深みを持つ幹の色。
そこに、突如として蕾を綻ばせて満開になる桜。
そこには大雑把に言ってしまって、桜色と黒しか存在しないんですよね。
こんなに、突如として美しい変貌を遂げる木は滅多ありませんよね。
ほんの数日前まで、物足りないくらいさっぱりとした佇まいが、
目を疑うほどピンク色の雲に覆われてしまう感じ。

そして、花が散りながら緑の葉がくうるりと生まれてくる。
(本当に、花の傍からくるくるとしっとりした葉が生まれてきていました)
すっかり散り去った枝に早緑に揺れる、葉桜。
同時に葉が「葉桜」と呼ばれる由縁も分かったような気がしました。

本当に、「今さら・・・」ってことなんですが。
心からじーんと、本当の意味で実感したのでした。

cafa8685.gif