b1352c97.jpg
db43aeca.jpg

久々、湯谷温泉に行ってきました。
湯の風HAZU
いつもはお昼の日帰りプランでしたが、初の夜ご飯の日帰りプラン。
その名も、

WA!!たまて箱

何が出るかお楽しみに…というミニ懐石でした。

ddadc667.jpg

お風呂あがって、席に着くとこのようなしつらえ。
籠の中はこんな色とりどりのお食事たち。
茄子のおひたしはやはり季節の野菜で美味でしたー。

fa23faae.jpg

da4cd5d9.jpg

この豆乳のフォンデュは豆乳にチーズと塩コショウが少々。
茹でたじゃが芋やブロッコリー、くるくるサンド(パン)などをチーズフォンデュの要領でいただく。
おいしかったです。

15f2bb1e.jpg

甘エビやマグロのお造りを挟み、鮎の甘露煮と山芋の冷やし汁。
最後は豚肉の柔らか煮。
この後にお食事と赤だし、デザートで終了。

9b99487b.jpg

かなりの満腹です!
この後、お風呂に入る気なんて起きません(涙

連休だったので館内混み合っていて、18時の予約の料理がすべて出そろったのは20時回ってました。
そういう意味では時期において失敗しましたね。
お風呂を出た後、脱衣所のエアコンはなぜか付いていず激暑。
ドライヤーを3人で使えばヒューズが飛ぶなど、少し混乱していました。

でもでも、風呂上りにご自由に、と用意されているこの宿イチオシのゆずみつ(柚のジュース)や、古いながらもそこかしこに配されている和の小物たちの作る心地よい空間はやはり落ち着きます。
ここの宿の広くはないのですがソファーの並ぶロビーが、とにかくまったりくつろげるんですよね。

今回は、豊橋のアーティスト、栃久保操さんの作品がギャラリーで展示されていて、その関係でしょうか、ちょっとした場所に栃久保さんのアート燈篭が配されていました。
この個展も素敵でした。
これ、けっこう大きいです。

2bd961c5.jpg
d718893f.jpg

最後に、お食事の時のコースター。
牧水の歌でした。
牧水の水鳥の歌がブログのタイトルにも影響してるので、一応パチリ。
仏法僧がこのお宿の(この地域の?)マスコットで、いたるところにとても素敵な梟の絵画や小物が飾ってあるのです。

db2ed78f.jpg