青色図書館

2004年1月から2008年8月まで、 青の好きな私が綴った日々のあれこれと写真たち

2005春ぶろぐ

桜尽くし@桜花ぶろぐ

6e9040b9.jpg


あっというまに満開・・・時の流れについてけてない私・・・
今日はもう、しっとり雨が降り出してしまいました。
おそらく、昨日土曜が花見ベストだったのでしょう。
忙しさにピリオドを打つ日を決めるか、体力を付けるか。
ただ今桜と共に岐路に立たされつつある毎日です。

今日、ふと思ったんですけど。
桜って、なぜこんなに心を打つのか!と考えつつ車を走らせていましたが。
「あ!!」
と、気づきました。
あの黒く茶色く、しっとり深みを持つ幹の色。
そこに、突如として蕾を綻ばせて満開になる桜。
そこには大雑把に言ってしまって、桜色と黒しか存在しないんですよね。
こんなに、突如として美しい変貌を遂げる木は滅多ありませんよね。
ほんの数日前まで、物足りないくらいさっぱりとした佇まいが、
目を疑うほどピンク色の雲に覆われてしまう感じ。

そして、花が散りながら緑の葉がくうるりと生まれてくる。
(本当に、花の傍からくるくるとしっとりした葉が生まれてきていました)
すっかり散り去った枝に早緑に揺れる、葉桜。
同時に葉が「葉桜」と呼ばれる由縁も分かったような気がしました。

本当に、「今さら・・・」ってことなんですが。
心からじーんと、本当の意味で実感したのでした。

cafa8685.gif

奈良の旅@青春ぶろぐ

e16f24f6.jpg


東大寺の大仏殿から移動中に見つけた桃の木。(多分)
奈良は歩きメインだったので、春うららな気候が嬉しかったです。
生まれて初めて奈良を訪れましたが、ゆっくり満ち足りた時間が過ごせて幸せでした。
新幹線で行くことが出来ないからこそ、なのかもしれませんね。

0eb87597.gif

蕾ふっくら@桜花ぶろぐ

40145d98.jpg


どうですか?
ピンボケもなんとか防いで、先日よりずっとふっくらしてきた蕾ちゃん。
枝のすみずみまで、はちきれんばかりのピンクのオーラ。
花開く日が待ち遠しいようで、散るのも早いからもう少し見守りたいような…
空はすっかり春霞めいてます。

1d1f518b.gif

桜の器@桜花ぶろぐ

1197ea3d.jpg


それもね、貝の形なの。
とても上品な春の器ですよね。

fc69d69f.jpg

雛ごち@青春ぶろぐ

6caf18dd.jpg


今では毎年恒例となった、お茶の教室での雛祭りのお茶事。
毎回先生自らがすてきな食材で心づくしのお膳を用意してくださります。
彩りも美しい春の食材が、目にもおいしくて・・・幸せ。

朱塗りの器もとても贅沢で、この時期にしか使えない季節柄。
梅と鶯!
う~ん、これこそ季節を楽しむ贅沢、ですよね。

983e34af.gif
written by...
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ