青色図書館

2004年1月から2008年8月まで、 青の好きな私が綴った日々のあれこれと写真たち

*アート

「芸術新潮」お取り寄せ

3d60cba4.jpg
060460d2.jpg

Amazonでも手に入らなかった号があったので、新潮社からお取り寄せしてみた。
そしたら想像以上に良い感じだった。
画面での注文操作やメール連絡、配送物のメールパックや郵便局・コンビニ両方OKの振込用紙など。
クレジット決済が本当に楽だけど、振込用紙もたまにはいい。
郵便局お支払いは時間の関係もあって不便なとこもあるんだけど、コンビニ支払いはとっても楽チン。
ついでにドリンクの新メニューなんかも買いがてら、どんな時間でもお支払いできちゃうし。
通販サイトのみならず、出版社サイトの充実ぶりも素晴らしく、本当に便利な世の中になったことよ。
と、またオバサンちっくな感慨に浸る。

私のようにちょっと外出できなくて、って人にも世界が開ける感じ。
そして注文しすぎてAmazonダンボールが山になっちゃったり・・・
ああ、気をつけてお買い物をせねば。。!

本新潮社「芸術新潮」バックナンバー購読の申し込み
わたしがお取り寄せした、上記左、2006年11月号「日本の仏像誕生!」
特集ページがけっこうなボリュームで大満足。
お姿の掲載にかなりページを割いています。
右は、Amazonで購入してお気に入りの
2006年9月号「7つの謎でめぐる飛鳥」。

「となりのこぱんだ」

f7abf190.jpg
CaraCarinaPandaProject/税込\1,260-

お友達に贈りましたが、私も拝見。
パンダ好きでWWFのパンダカレンダーも購入しているのに、このブログの存在は知りませんでした。
本当にネットさぼり気味で反省。
パンダの愛らしい写真よりも、ウェブカメラで捉えた貴重なショットに絶妙なセリフを加えた4コマスタイルが最高☆

ところでパンダのこの垂れ目な模様。
ほかの動物に対する戦意喪失を促す企みなのでは!と、以前から勝手に妄想。
とりあえず、人間にはかなり有効に働いてると思う。
文句なしにでれ~ってなっちゃうもの。
でもさ、模様の中の本物のお目目は丸くて、ともするとちょっと上がり目だったりする。
この~って思いながらも、今日もでれでれブログを閲覧しちゃいます。

パンダとなりのこぱんだ

芸術新潮 2月号

新潮社/税込\1,400-/特集:ひらがなの謎を解く

数年ぶりに(たまたま)訪れた(というか、通りすがった)図書館で偶然出会い、運命のめぐりあわせだ!と興奮しつつ購入しました。
最近私を取り巻く本屋がすべて閉店してしまい、新刊チェックもままならないので本との出会いが減っています。
割とネットで購入するくせに、本はやはり直に触ってめくって吟味して買うのが好きです。
ふらふらと陳列棚を彷徨うと、どうやったってここでこのタイミングでしか出会えなかったでしょ、という書籍とごく稀に遭遇したりします。
私はどんなにネット社会になっても、本との出会いは人との出会いとまったくもって同じ質のもので、その時々の引き合わせ、一期一会だと心から信じている人間です。
もちろん今はネットも含めて。ブログでの紹介にたまたま行き着いたら、それも出会いの一端。
ただ、興味を持って検索するスタイルでなく、生の雑多な本たちの間を縫って歩いて得るものは大きいです。そういう意味で、今は寂しい日々を送っています。
ネット購入には加担しているところがあるので切ないですが、万引きの増加というのも本屋では大きな問題となっているようです・・・これこそ寂しい世の中・・・

ここでは特集のみ目次を掲載します。文字をぱらぱら眺めるだけでも良い一書。

<古今和歌集1100年 ひらがなの謎を解く>新潮社「芸術新潮」HP
●第一章 ひらがな誕生17d19e99.jpg

 い)文字をわがものに
 ろ)男から草へ、草から女へ
  ・醍醐天皇、競草す
  ・905年ひらがな人物誌
●第二章 女手の小宇宙
 は)ひらがなの極み《高野切》
  ・《高野切第一種》-これぞ仮名の正統
  ・《高野切第二種》-どこまでもずらずらと
  ・《高野切第三種》-まばゆい速度の書
 に)うるわしの三色紙
  ・《寸松庵色紙》あるいは弾力の冒険
  ・《升色紙》あるいは王朝アヴァンギャルド
  ・《継色紙》あるいは倦怠表現主義
●第三章 女手のゆくえ
 ほ)後期上代様ヴァラエティ
  ・突きと返しの歌《小島切斎宮女御集》
  ・一筋の線となりゆく《針切(源重之の子の僧の集)》
  ・結び目、折れ目に個が宿る《紙撚切道済集》
  ・女手が競草と化す《香紙切麗花集》
  ・《香紙切麗花集》-掛筆・掛時コレクション
 へ)ひらがな幽玄 藤原俊成
 と)女手よ、さらば 藤原定家以後
  ・読みやすいように書く
  ・仮名くらべ 流儀書道vs.上代様

恐竜飛び出す絵本

Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs/Robert Sabuda,Matthew Reinhart(共著)
e8c05877.jpg

ものすんごくリアルです!そして細かい作り。
色彩が豊かで、目の前にくっきり浮かび立つ様は圧巻です。
昔から飛び出す絵本が大好きだったのですが、期待以上の品に満足以上の感動を味わいました。
写真の牙も恐ろしい恐竜には、0歳児の甥っ子は完璧引きつってました。(なるべく驚かせないようゆっくり遠目に開いたんですよ・・・?)
大人でも恐いです、なんせ喉の奥までリアルに作ってあるのですから。
こういうポップアップ絵本が好きな方には、オススメですよ。
メインの恐竜に加え、折りたたまれた四隅にまで仕掛けがあって、場所によっては二重三重に楽しめるようになっています。

私は自然保護活動に貢献しているというWWFのパンダショップで購入しましたが、価格は断然Amazonの方が廉価です。今見てびっくりしました。
両方紹介しておきますね。

check it out!> Amazon ただ今15%オフの税込\2,848-で販売中!
         WWF PANDA SHOP 定価\3,990-にて販売中
PANDA SHOPのインフォより(価格の違いのお断りとして掲載しますね)
…この通信販売は、WWFが自然保護活動の一環として行なっているもので、収益の全額が自然・環境保全のために有効に役立てられます。本来の趣旨にたち、自然保護のために貢献度の大きい企画商品のコーナーです。ぜひ、皆さまのご賛同とご支援をお願いします。

unicef 2006ダイアリー

はい、今年もこの季節がやってきました。
もう3冊目のご紹介になりますが、ユニセフのアートダイアリーです。
来年は鮮やかなオレンジの表紙。
今年のよりカバーもしっかりした感じ。
あいかわらずアートを楽しみながらページを埋めていけるタイプ。
ただ、今年のダイアリーから月の初めの見開きもアートになってしまったため、コンサートや展覧会、映画のチケットなどを添付するスペースがなくなってしまったのが残念。
確かめてみましたが、来年のダイアリーも同じ感じ。
月ごとのフリースペースは欲しかった・・・

その他のクリスマス関連ギフトも楽しいです。
ちょっとお出かけしてみては?

info>日本ユニセフ協会/@CARDS&GIFTS
written by...
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ